ビヅィオス エステート

Web picture resized

歴史

エリアス  ビヅィオスはブドウ生産者の息子として生れた彼はネメアの標高900m地点に位置する山間の村アスプロカボスで育ちました。エリアスは家族の保有するワイン畑を継ぐという決断はなんともまっすぐで、彼の土地とブドウの木への愛情はその他のオプションを寄せ付けないほどでした。

彼の使命はネメアの土地だけに留まることはありませんでした。ギリシャワインを世界へ広めるという夢を掲げたのです。まず彼の生産するワインのブドウの木の毎日がチェックできるようブドウ畑の端にワイナリーを建設しました。

彼の愛するブドウ品種、アヨルギティコは、悪名高いネメアのライオンを狩るために方々を彷徨っていたという伝説を持つヘラクレスの血のような、濃い赤。

このワイナリーから作られるワインはアスプロカボスの二つとないテロワールからまっすぐに表現されるものであり、現在でも使われる新たに受け継がれる伝統的なものと古いものとの融合です。

その環境を最大に尊重している有機栽培のブドウ畑は理想的にその畑を有機ワインとして魅力を発揮しています。

 

ビヅィオス エステートの商品はこちら