イプシャ

オリーブオイル生産者の家に生まれたKlaudio Ipsa(クラウディオ・イプシャ)は見捨てられたオリーブの木々の再建そして、ちょうどスロヴェニア国境付近イストリア地方の北、彼の生まれ故郷であるIpši(イプシ)村近くの高台に新しいオリーブの木々を植えることを1998年に決めたのです。 

この地、緯度45度以上の最北の地でオリーブは栽培されます。  

この高台では、オリーブの木は風と日差しと両方の恩恵を受けます。そのために害虫の被害にあう確率が格段に下がるのです。Ipsaは有機認証を受けています。  

オリーブの収穫はちょうどオリーブの実が色づく頃10月初旬に始まります。この時期にはオリーブの実の中で合成されるオイル(油)は完成します。  

収穫はすべて手摘みで行われいます。オリーブは収穫された後、同日中にペースト状に潰されます。  

Ipsaは2005年世界で最も権威あるエキストラバージンオリーブオイルのガイド、Flos Olei(フロスオレイ)にクロアチア産のオリーブオイルとして初めてエントリーしました。さらに2011年よりIpsaのFrantoio(フラントイオ)種の部で毎年トップ20のうちの一つに選ばれてきました。そしてついに、2017年に単一種(フラントイオ種)のオリーブオイルとしてFlos OleiのMarco Coreggia氏により97ポイントを獲得し世界一に輝きました。 

イプシャの商品はこちら