ドメーヌ カラニカ

歴史

ドメーヌカラニカはローレンス・M.ハートマン・カラニカとアネット・フォン・カンペンによって設立されました。ローレンスはギリシャ人の母とオランダ人の父を持ち、妻のアネットと共に長くオランダで過ごし出版業界で様々なマネージメント職を15年間ほど経験しました。そしてある日、彼らの夢を追うと決断しました。彼らの夢、それはトップ品質のワインを造ること。それから、数年間ヨーロッパとアメリカでワイン生産、醸造、そして農園経営を学びました。ローレンスとアネットはいろいろな選択肢を考えました。オーストラリアからドイツまで。しかし、彼らのあの素晴らしいクシノマヴロに対する愛情がギリシャのアミンデオへと導いたのです。With no family attachments in Amyndeo, it was a complete deliberate choice.

カラニカは伝統的手法とバイオディナミックの要素を取り入れたオーガニック農法でブドウを栽培しています。これは合成肥料や強い化学農薬は一切使用していないことを意味します。もし、万が一病気などが発見された場合は“ホメオパティック(同毒療法)”療法スプレーで対応します。土壌はクローバーや豆類の間作物によって活性化され動物性の堆肥は近隣の羊飼いから調達しています。ブドウの搾りかすとブドウの副産物、さらには新鮮な搾りかすの堆肥は肥沃な土壌を生み出すのに使われます。
断熱性の高いカラニカワイナリーのロケーションはヴェゴリティス湖畔に面する斜面に位置するアミンデオ、ヴェゴラそしてレヴェアの村々の狭間にありワイナリーの建物は3階建ての重力流の建物になります。

この特別な構造デザインはポンプやフィルターなしでワインを造るのに大変適しています。
ブドウ畑とワイナリーの全ての活動はマリア・トゥーンのバイオディナミックカレンダーに基づいて行われています。

It didn’t take long before Karanika’s world-class sparkling wines attracted attention.

Here is an extract of what Tom Stevenson – widely regarded as the world’s leading authority on  Champagne and Sparkling – had to say : ” seldom have I come across any artisanal sparkling wine that is as polished as Hartman’s 2010-based second release of Domaine Karanika Xinomavro Brut. It has a silky-smooth mousse that most champenois would die for… it is already the best sparkling wine produced in Greece”.

アミンデオのテロワール

アミンデオもしくはアミンテオ、アレキサンダー大王の祖父からつけられたといわれているこの地域はアルバニアとマケドニアの国境に向かってギリシャの北西に位置します。海抜約650m、ヴェルミオ山の反対側に面しておりエーゲ海の影響を受けない場所になります。アミンデオのロケーションの特色は完全なる大陸性気候であるにもかかわらずヴェゴリティス湖の影響も少なからず受けているというところにあり、この特色は赤ワイン用のクシノマヴロの収穫を10月半ばまで引き延ばすという役目をしています。
アミンデオの地域はギリシャで最も冷涼なワインの生産地になります。クシロネロ地域の近くアミンデオの西斜面では土壌は砂粘土質に近くなり、アヨス・パンテレモナス付近では砂質ローム、そしてぺトロン湖の西の平野ではカルシウム質の全ての土質が広がります。

ドメーヌ カラニカの商品はこちら