アハーン ヴィーノ

ワイルドスキンズ

 Wild Skinsは瑞々しいカリンやはちみつのような香りやフヴァル島の野生のハーブのアロマも感じつつ、マセレーションされたワインならではのしっかりとしたストラクチャーも感じる。

 

基本情報

ワイナリー: Ahearne Vino(アハーン・ヴィーノ)

生産者: Jo Ahearne(ジョー・アハーン)

原産国: クロアチア

原産地域: フヴァル島

スタイル: オレンジ

品種: Kučクッチュ(40%), Bogdanušaボグダヌーシャ (40%), Pošip ポシップ(20%)

ボディー: ミディアム

ヴィンテージ: 2017

ABV: 12%

飲み頃: 2019-2023

ケースサイズ: 6x75cl

栓タイプ: コルク


Size

”Wild Skinsワイルドスキンズ“はこのフヴァル島に生息する自品種3種Kuč(クッチュ)、Bogdanuša (ボグダヌーシャ)、 Pošip(ポシップ)のブレンドです。Bogdanuša (神からの贈り物という意味)とKučのブドウ畑はギリシャ人により耕されていたUNESCO世界遺産として保護されているアゲル平地(スターリ・グラード平地)で栽培されており、北側のより冷涼な場所です。主に赤土の土壌になります。Pošipはフヴァル島の街郊外である、島の南側で栽培されています。

いずれの品種もすべて、木にもともと生息する酵母での発酵がされており、それぞれの品種の特性やフレーバーを存分に引き出すため最大で340日間果皮と共に漬けられます。それぞれのパーセルごとで自然マロラクティック発酵が行われ、レギュラーバトナージュを行いながら9カ月シュルリーをします。そのうちの一部のパーセルはさらに長期のシュルリーをします(21カ月)。そうすることで、酵母のトースティーな自己分解の複雑味が加わります。毎年、Joは最新のブレンドの一部を保存しておき、次のVintageに長期シュルリーされた一部を足します。

ボトリングの際にほんの少しのSO2のみが加えられます。最低限の濾過とスタビリザシオンがワインのフレーバーと香りをより閉じ込めるためにされます。自然の沈殿物がボトルの中にある場合もあります。

ブドウ畑について

– ロケーション:アゲル平地

– 土壌:赤土、ライムストーン・カルスト

– 標高: 50m

– 日照方向: 北側

– 仕立法:ルーズギュイヨ

– 樹齢: 10-40 年(場所によって異なる)

– ブドウ樹の本数/ha : 平均3,000本(場所によって異なる)

– 生産高/ha: 8-9 トン/ヘクタール

– 農法: 有機農法(認定は受けていない)

製法について

– 収穫時期: 8月最終週~9月第一週

– 収穫方法:手摘み

– 発酵器具: 500Lオープンヴァット

– 酵母種類:野生酵母

– 自然マロラクティック発酵

– オークなし