アデーガ・ヴィディグエーラ

アデーガ・コーペラチーヴァ・ディ・ヴィディグエー,クーバ&アウヴィートは1960年に現在の共同運営ワイナリーの形となって創立されました。しかしながらその始まりはヴィディグエーラの地域自体の歴史、すなわちヴァスコ・ダ・ガマ、ポルトガル人でヨーロッパ人として初めてインドへ海を渡ってたどり着いた最初の探検家の歴史と絡み合っています。ヴァスコ・ダ・ガマへその功績を称えられてブラガンサ公のD.Jaimeによって町が1519年に与えられました。

ヴィディグエーラという名はポルトガル語で「VIDEIRAワイン」という言葉の由来としています。つまり、言うまでもなくこの火山灰質土壌の地域はワイン醸造が深く根付いた地域なのです。

なだらかな平原が南と西へと広がります。セーハ・ド・メンドロ山脈が北に、そしてグアディアーナ川が東側の国境として広がっています。この地形こそがアレンテージョ地方の8つのサブリージョンの一つであるヴィディグエーラのワインへ他にはないキャラクターを与えます。

ジャンシス・ロビンソンさんによると、ヴィディグエーラは高地(Altoアウト)と典型的に、より暖かい地域となる低地(Baixoバイショ)を分ける地域である。比較的、海岸に近い地理的要因とセーハ・ディ・ポルテウ山脈(50㎞にわたる)の急斜面からの冷涼な空気が暑さを和らげます。そのため、この地域の伝統的なワイン醸造は間違いなく、アレンテージョ地域の自品種アンタオ・ヴァズ品種から造られる白ワインです。

実際、ヴィディグエーラはサブリージョンで唯一、古いアンタオ・ヴァズの木を見つけることのできる地域です。ギュッとしていない緩い房の厚い皮のアンタオ・ヴァズはヴィディグエーラを取り囲む平原は日射の強い暑い気候に大変あっています。この品種は干ばつ病気にに大変強い耐性を持っています。

しかしながら、ヴィディグエーラの一番の隠されたワインはアンフォラ内で造られる2000年の歴史を持つ伝統ワイン、Vinho de Talha(ヴィーニョ・ディ・ターリア)です。

アデーガ コーペラティーヴァ ディ ヴィディグエーラは時代のパッセージと共に耐えてきた100年以上の樹齢のブドウの木から造られるターリアワインを造るという、伝統的なワイン醸造に忠実に造っています。

ターリアワイン醸造地域の中心地に栽培されたアレンテージョの自品種の古木には、より凝縮していて、そのブドウの品種の特性が存分に表れたワインを造るより濃密なブドウの房がなります。

この伝統的なワイン醸造のノウハウの伝承のため、アデーガ コーペラティーヴァ ディ ヴィディグエーラは201910月にCasa das Talhasカーザ ダス ターリアスを設立し、旅人たちの感覚を試し、本格的なターリアワインワインの醸造技術を知るための場所となっています。

ターリアワインは究極の参照すべきワインだと、アーリンド・マリア・ルイーヴォ博士は自身の義理の父から1960年代にこの古代ワインの醸造技術芸術を学んだ氏は言いました。そして、その彼女の義理の父こそがこのアデーガ コーペラティーヴァ ディ ヴィディグエーラ ワイナリーを設立したのです。

このコーペラチーヴァはCante Alentejoカンテ・アレンテージョというコーラス隊も持っています。このコーラスはユネスコの無形文化遺産に指定されています。

2015年にはヴィディグエーラワイナリーは「Revista de Vinhosレヴィスタ・ディ・ヴィーニョス」誌内で専門家によって、その造り出す品質の高さから共同運営ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選出されています。


アデーガ・ヴィディグエーラの商品はこちら